研究活動報告

コミュニティイベントの開催

各マンションにて様々なコミュニティイベントを実施。共通の体験を通じて、居住者同士が互いの名前や部屋番号を知り、「知り合い」になれる環境作りを行う。

事業紹介

ご近所マッピング

地域をより身近に感じられるように、近所のお勧めスポットを印したマップを作成。

BOOKチェンジ

お住まいの皆様が不要になった書籍やCD、DVDなどを持ち寄り、小さなマーケットを開催。

防災体験

隔て戸の蹴破り体験や浄水器のデモンストレーションなどの防災体験を開催。

持ち寄りパーティー

好きな食べ物や飲み物を持ち寄り、マンション共用部にて交流会を開催。

BBQ

野外スペースにて、お住まいの皆様の交流を目的にしたBBQのワークショップとパーティーを開催。

ストレッチ

インストラクターを招き、マンション内のフィットネスルームにて、ストレッチ講座を開催。

ドローイング

親子参加型のイベントとして、
お絵描き教室を開催。

箸作り

コミュニティ活動の試みとして、
箸作り体験を開催。

※上記の事例は首都圏のマンションにて開催されたイベントです。

コミュニティイベント開催の成果

サステナブル・コミュニティ研究会施策の成果を計るため、イベントの事前事後でアンケートを実施。

「居住者間の交流・親睦への関心度」の変化

事前・事後を比べると、「とても関心がある」が、7%から28%へと大きく増加しており、サステナブル・コミュニティ研究会施策の効果が少なからずあったと推察される。
分譲開始後5年の特定のマンション(事前事後両方のアンケートに回答し、かつイベントに参加した人のみのデータ)

「知人・友人(顔と名前が一致する人)の人数」の変化

サステナブル・コミュニティ研究会施策に参加することで、顔と名前の一致する居住者(知人・友人)が増えた人が少なくないことが推察される。
分譲開始後5年の特定のマンション(事前事後両方のアンケートに回答し、かつイベントに参加した人のみのデータ)