コミュニティ活動事例

vol.16 パークシティ柏の葉キャンパス ブライトサイト 消防訓練居住者自身で考え、作っていく防災活動

vol.16 パークシティ柏の葉キャンパス ブライトサイト 消防訓練居住者自身で考え、作っていく防災活動

パークシティ柏の葉キャンパス ブライトサイト
2017年11月竣工 総戸数78戸

「柏の葉スマートシティ」の東側エリアに新しくできた、12階建ての「パークシティ柏の葉キャンパス ブライトサイト」。「一人ひとりが主役の住まい」をテーマとし、フレックスホールなど洗練された共用スペース、柏の葉キャンパス駅やららぽーと柏の葉などへのアクセスしやすさが特徴となっているマンションです。

photo

体験することで意識に変化

マンションなど集合住宅において、消防訓練は管理組合が定期的に行うべき義務。ですが、義務だからと仕方なしに実施しても、あまり意味がありません。せっかく多くの居住者が集う貴重な機会ですから、みんなで防災・減災について考え、強いコミュニティを作るきっかけにしたいものです。

今回レポートするのは、昨年竣工したばかりの「パークシティ柏の葉キャンパス ブライトサイト」で10月27日に開催された、体験&ワークショップ参加型の消防訓練。「自分たちで考える」ことに重きを置いていることが特色でした。マンションの防災を考える上で大いに参考になりそうです。

午前10時、火災発生(訓練開始)の発報を聞いて、続々と駐車場に集まってくる居住者の皆さん。駐車場には所轄の消防署から駆け付けた消防車が待機していて、子ども達の視線を集めています。管理会社スタッフ、理事長からの挨拶のあとは、消防隊員の方からレクチャーを受けながらの消火器使用体験。「消火器を使うときは火元を狙い、ほうきで地面を掃くように噴射しましょう」などとポイントを丁寧に解説してくれました。

photo
バルコニー隔板蹴破り体験では、後ろ向きに蹴ったり、フライパンを使ってみるなど様々な手段にチャレンジ

続いて行われたバルコニー隔板蹴破り体験も、消防訓練にぜひ採り入れたいメニューです。「意外と頑丈で硬いのね」「でもコツを掴めば子どもや女性の力でも安全に破れることが分かった」「バルコニーにスニーカーを用意しておかなくちゃ」など、体験したからこその感想を皆さん興奮気味に語っていました。

各種体験後はマンション共用スペースであるフレックスホールに集まり、災害リスクチェックワークショップの開始です。これは万一の災害発生時に起こり得る事象が記されたカードに基づき、「管理組合として今からどんな準備ができるか?」「住民は今からどんな準備ができるか?」それぞれの対応策を考えるというもの。例えば「断水して衛生的な環境が保てない」という事象に対して、「防災倉庫の備品にウェットシートを追加しよう」などの策を考えて記入します。今回は初回なのでチームごとに考えたのみでしたが、本来はそこで出た意見をまとめ、共有・情報収集し、実際の対応策に落とし込むまでが、ひとつのプログラムです。

今回、消防訓練を実施したのは、管理組合が発足してから約一年と期間が短いマンション。防災備品はある程度揃っているものの、それをどのように管理・運用するかについては詳細に定まっていませんでした。早い段階で考える機会が設けられたのは、とても有意義だったでしょう。

photo
防災備蓄倉庫の見学や、防災用品の展示も行われた

ワークショップを通じて感じたのは、「マンション周辺で貯水タンクのある所を誰か知らない?」「火災発生から消防署に連絡がいくまでのプロセスは?」など、積極的に質問が飛び交っていたことでした。体験が効果的だったことは言うまでもありません。

また、参加された方から「マンションのこと、地域のことをもっと知ろうと思った」といった意見が聞かれたのも印象的。マンション全体の防災を自分のこととして考え、強固なコミュニティを形作る好機となったようです。

管理組合理事長 堀さんのコメント

photo
管理組合理事長 堀さん

今回の消防訓練は入居直後のレジデンシャルグリーティング(居住者あいさつ会)以降、初めてのイベントだったので、居住者が同じ時間を共有し、交流できたこと自体が有意義でした。管理組合で防災対策を色々考えても、コミュニティがなければ机上の空論になってしまいますからね。発足からの日が浅く、経験者が少ない管理組合なので、今後も管理会社からのアドバイスやサポートを受けながら、一歩ずつ確かなコミュニティを作っていきたいと考えています。

三井不動産レジデンシャルサービス 矢口さんのコメント

photo
三井不動産レジデンシャルサービス 矢口さん

竣工以来、初めての消防訓練でしたが、多くの方に参加いただけて感謝しています。今回のプログラムはレジデンシャルグリーティング(居住者あいさつ会)開催時に居住者の皆さまからいただいた「防災活動を考えていきましょう」という意見を元に三井不動産レジデンシャルサービスとステップチェンジで設えたものです。防災活動について今後、いろいろ考えていかなければいけないことがありますが、まずは居住者の皆さま全員に災害発生時の避難経路を把握してもらうことから始めていただきたいですね。